手汗を止めたい!手掌多汗症の治療・改善方法とは

手汗が酷くて、人と手をつなぐことや握手することができない。
テスト用紙が手汗でぐちゃぐちゃになる。
おつりを受け取るとき、手汗がバレないかいつもドキドキする。

あなたは、このような手汗に関する悩みを抱えていませんか?
上記のような手汗の悩みを抱える場合、日常生活にも支障を来す酷いレベルの手汗であるので「汗っかき」という体質ではなく、「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」という病気の可能性があります。

手汗を防ぎ、少しでも日常生活に支障のない手の平に保つためには一体どうすればいいのでしょうか?
本記事では、長年、手掌多汗症で悩む筆者が、手汗の原因と改善方法について、徹底的にまとめてみました。

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)とは

特に激しい運動をしたわけでも、特別暑いわけでもないのに、気が付いたら手の平から大量の汗が出てしまっている…。

このような汗に関する悩みは、なかなか人に相談出来ない悩みのため、人知れず悩みを抱えている人が多いことをご存知でしょうか。
日本皮膚科学会発表のガイドラインによれば、日本人の約5.3%(約 680万人)にものぼる人が、酷い手汗に悩んでいると発表しています。
この約5.3%という割合は、決して少ない数字ではありません。約20人に1人は酷い手汗(手掌多汗症)に悩んでいるということになるのです。
(参考:日本皮膚科学会 原発性局所多汗症診療ガイドライン

多汗症と汗かきの違い

人よりも多くの汗をかいてしまう多汗症は、「単なる汗かき」と思われがちだったり、自分自身でも「体質によるもの」と病気の自覚がなく悩みを抱えている方も多いと思いますが、多汗症と汗かきとは明確な違いがあります。

多汗症の特徴

  • 体の特定の部分(手の平や足の裏など)から大量の汗がでる。
    (ほかの部分はあまり発汗は認められない)
  • 特に暑いわけでも、運動をしたわけでもないのに汗がでる。
  • 緊張したり、興奮したりするわけでもないのに汗がでる。

本来、汗は上昇する体温を下げるために体温調整の目的で発汗をします。
人間が生きていく上で、発汗自体は必要不可欠であり、暑かったり、運動をした後に汗が出るのは、上昇する体温を下げるための正常な生理現象です。
このため、暑かったり、運動をした後に全身から汗が大量に出る場合は、いわゆる「汗っかき」体質と言えるでしょう。

しかし多汗症とは、体温調整が必要でない場合にも、手の平や足の裏、腋(ワキ)など一部の部位から局所的に大量の汗をかく症状のことを指します。
つまり、汗を出せと脳に指令を出している交感神経が何らかの原因で失調し、体温調整とは関係なく過剰に汗が発汗される疾患なのです。

手掌多汗症の特徴とセルフチェック

あなたの酷い手汗の悩みは、「ただの汗かき」ではない可能性が高いです。
手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)という病気の場合、適切な治療を行わない限り、症状の改善は見込めませんので、専門病院での受診をはじめ、後述する治療方法や有効な対策を確認し、あなたにあった改善方法を見つけていきましょう。
まずは下記のセルフチェック表を用いて、手掌多汗症か自己診断を行ってみましょう。

<基本問診>

  • 子供のころから汗の症状に悩んでいる。
    (25歳までに症状に気が付いている)
  • 少なくても週に1度以上は大量の汗をかいてしまう。
  • 特に緊張・興奮しているという自覚がなくても大量の汗をかくことがある。
  • リラックスしている時などは汗をかかない場合もある。

<よくある症状>

  • パソコンのキーボードやマウス、ゲームのコントローラーなどに水滴がつくことがある
  • スマホなどの液晶画面にタッチすると、指で触れた場所に水滴がつくことがある
  • 電車やバスのつり革や手すりを持つと、水滴がつくことがある
  • 用紙(紙)に記入する際、手汗により紙が波打ってしまう
  • 本を読むと手汗でページが波打ってしまい、本の傷みが早いと感じることがある

上記のセルフチェック表は、主に手の平の多汗症「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」の特徴を挙げたものです。複数の項目が当てはまる場合は、残念ながら、手掌多汗症といってまず間違いありません。

管理人ゆっちゃん

管理人ゆっちゃん
私はこんな「多汗症あるある」を経験しています( ;∀;)
私自身、物心ついた小さな頃から手汗に悩まされてきた一人です。プロフィールページに今までの汗遍歴と多汗症あるあるを掲載しています。同じような経験をされ、手汗の悩みを抱えていらっしゃる場合、手掌多汗症であると言えますので、適切な治療をして症状を改善していきましょう

手掌多汗症の重症度

同じ手掌多汗症でも、人によって汗の量が違います。
自分の多汗症レベルがどの程度のものなのかを知ることで、治療に取り組む際の目安にもなります。ご自身の手汗と照らし合わせて確認していきましょう。

<手汗のレベル>

  • レベル1 手が湿っている。触ると汗ばんでいることがわかる。
  • レベル2 手に水滴ができる。見ただけで汗をかいていることがわかる。
  • レベル3 水滴ができ、手から汗がしたたり落ちる。

レベル2~3になると、日常生活に大きく支障をきたすレベルと言えます。

手掌多汗症の原因

手の平の多汗症をはじめ、足の裏、腋(ワキ)、頭部から異常な発汗が起きてしまう局所性多汗症については、残念ながら、現在の医療を持ってしても、今だにはっきりとした原因が解明されておらず、画期的な治療方法も確立されていません。

多汗症にあまり理解のない医師からは、性格的・意識的・精神的な問題から生じる病気と言われることがありますが、多汗症に悩む多くの方の場合、乳幼児期にはすでに多汗症の症状が表れており、自我が芽生える前から異常な発汗をしていたということからも、性格的・意識的・精神的なものが原因であるとは言えません。

また、局所性多汗症は完治困難な病気の一つでもあり、2008年、厚生労働省は「治療方法が確立しておらず、生活面への長期にわたる支障がある疾患」という難治性疾患克服研究事業の研究奨励分野に局所性多汗症を指定しました。
(参考:難病情報センター原発性局所多汗症(平成23年度)

手汗を改善する方法

上述のように、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)は完全に完治を目指すには非常に困難な疾患ではありますが、現在の多汗症の症状を抑え、上手に手汗と付き合うことにより、毎日の生活の質を上げることは可能です。

では、酷い手汗を改善するには、どのような方法があるのでしょうか?
すぐに治療・対策がスタートでき、また少しでも現在の症状を緩和し、かつ効果が比較的感じやすい方法をご紹介いたします。

塩化アルミニウム液を使った治療方法

まず1番に試して頂きたい方法が、塩化アルミニウム液を使った治療方法です。
塩化アルミニウムを溶かした水溶液を手の平に十分に塗り込むことで、汗の出口(汗腺)にフタをし、汗自体が出てこないようにする治療方法です。

塩化アルミニウム液は制汗作用がとても強く、「多汗症」の治療において、第一選択肢とされるほど、その制汗効果が高いと評価されている薬剤です。

塩化アルミニウム液は専門病院からの処方以外にも、濃度が低くはなりますが、市販薬でも塩化アルミニウム配合の制汗剤が発売されていることから、ネット通販で比較的簡単に手に入れやすく、かつ価格も手頃なため、すぐに汗への治療をスタートさせることが可能です。

塩化アルミニウム液の効果的な使用方法、市販薬の紹介などについては、こちらの記事を参考にしてください。酷い手汗に悩んでいる方はぜひこの治療方法を試してみることをオススメします。

局所性多汗症の有効な治療方法のひとつに、「塩化アルミニウム液」という外用薬での治療があります。専門病院を受診した場合にも、多汗症治療の第一選択肢...

手汗対策商品の使用

多くの人が悩んでいる手汗問題を解決するべく、いくつかの会社から画期的な手汗対策商品が発売されています。
このような新しい手汗対策グッズの中に、ご自身の体質に合う商品があるかもしれません。筆者が使用したことがある商品もありますので、その商品へは感想を付け加えおります。ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

TESARAN(テサラン)
楽天・Amazon・ヤフーショッピングではランキング1位を獲得したことのある、手汗対策のクリームです。ハンドクリームと同じように手の平に塗ることで、 最大72時間サラサラが持続して、手汗が出るのを防ぎます。
また効果が実感できない場合は、365日間全額返金保証を実施。使用後でも効果が感じられない場合は全額返金OK。初めての方でも安心して購入いただけます。
容量 25g
価格 3980円(税別)+送料

テサランの商品レビュー(感想)
手汗レベル2~3の重症レベルの手汗を持つ筆者の場合は、あいにく72時間サラサラ!という効果は持続しませんでした。
空調の効いた適温の室内であれば、使用後約1~2時間ほど手汗が抑えられました。天気の良い屋外だと30分~1時間程度の効果が持続しました。手汗が出ていない乾いた状態の時にクリームを塗り込むと効果が感じられますが、一度汗が出てしまった後は、いくら手を拭ってからクリームを塗っても、ほとんど制汗作用は感じられなかったです。

手汗レベルが重い場合は、期待するほどの効果は感じられにくいというのが感想です。手汗の症状が重い場合はやはり塩化アルミニウム液での治療をオススメします。

しかし、肌が弱く塩化アルミニウム液が使用出来ない人、または手汗レベルが比較的軽い人(汗が手の平で水滴になるレベルまではいかない人)は効果を実感できる可能性が非常に高いと言えるので、オススメです。
返金保証もついているため、一度試してみる価値は多いにあると思います。

TESRANの購入はこちら

Roegua(ロエグア)
楽天・Amazonではランキング1位を獲得したことのある、手汗対策のクリームです。
ハンドクリームと同じように手の平に塗ることで、 最大6時間効果が持続して、手汗が出るのを防ぎます。さらにクリームが汗で流れにくいことが特徴です。
また効果が実感できない場合は、100日間全額返金保証を実施。使用後でも効果が感じられない場合は全額返金OK。初めての方でも安心して購入いただけます。
容量 30g
価格 2980円(税込)送料無料
ロエグアの商品レビュー(感想)
テセランのライバル商品であると言っても過言ではないロエグア。
テセランよりも知名度が低いものの、その効果には絶対の自信があるのか、テセラン同様、効果がなければ全額返金保証を実施しているため、手汗で悩む多汗症患者には大変ありがたい商品の一つです。
また、多くの多汗症対策商品が高額であると指摘し、継続しやすい価格設定にして頂けているのも好感を持てます。実際に使用した感想ですが、テサランに比べて塗り込み直後のベタつき感があり、私には苦手なタイプのクリームでした。結構ベタつきます。
肝心な制汗効果はというと、クリームを塗り込んだ直後より手汗がじわじわと出てきてしまい、私には全く制汗効果は感じられませんでした。
個人的な見解にはなりますが、重度の手汗で悩んでいる人には向かない商品です。
恐らく手汗レベルが比較的軽い人(主な原因が精神性発汗や、季節要因で手汗が気になりだした人)向けの商品という感じがします。ですので、最近少し手汗が気になりだしたかな?と思う軽度の人には効果を実感できる可能性が高いと言えるでしょう。
返金保証もついているため、一度試してみる価値はあると思います。

ロエグアの購入はこちら(楽天)

farine(ファリネ)
手を繋ぎたい。いますぐ手汗を何とかしたい。
「farine(ファリネ)は、「手汗」の為に開発された 「手汗」対策制汗パウダーです。 ワキ汗用の制汗剤とは違った成分と対策を取り、 手汗のために開発されました。
また、2016年モンドセレクションを受賞。世界が認めた確かな品質です。
評価
容量 6g(約150回パッティング)
価格 3回以上の定期コース(送料無料)
初回2667円(税別)2回目以降6800円(税別)
単品購入
8890円(税別)+送料

ファリネの商品レビュー(感想)
こちらの商品はまだ使用したことがないのですが、購入を躊躇させるポイントがあります。それは、効果がない場合の返金保証がないという点。他社商品だと効果がない場合は返金対象になるものもありますが、こちらのファリネは「肌あれした場合のみ」返金対応となるようです。また公式サイト上にも、「効果は個人差がある」「効果を保証するものではない」と謳われているのも、購入を躊躇させるポイントです。
しかし、即効性があるようで、使用後1~2時間程度は効果が続くらしいので、近々試してみようと思います。
まだ上記商品を使用していませんが、実際に使用しましたら改めて、商品レビューを書き込みたいと思います。

ファリネの購入はこちら

フレナーラ
かゆくならない汗腺ブロック成分が「手汗」を徹底遮断!手汗対策用制汗ジェルです。
手汗の原因であるエクリン線に作用するよう 薬用ジェルが汗腺に浸透し、気になる手汗を防いでくれます。また、2017年モンドセレクションを受賞。世界が認めた確かな品質です。
評価
容量 23ml
価格 12か月継続コース(送料無料)
初回850円(税別)2回目以降4250円(税別)
6か月継続コース(送料無料)
初回850円(税別)2回目以降4675円(税別)
4か月継続コース(送料無料)
初回850円(税別)2回目以降5100円(税別)
今回のみ購入コース
8500円(税別)+送料

フレナーラの商品レビュー(感想)
こちらの商品はまだ使用したことがないのですが、購入を躊躇させるポイントがいくつかあります。

①効果がない場合の返金保証がない。他社商品だと効果がない場合は返金対象になる商品もありますが、こちらのフレナーラは「肌に異常が生じた場合のみ」返金対応となるようです。また公式サイト上にも、「効果は個人差がある」「効果を保証するものではない」と謳われているのも、購入を躊躇させるポイントです。

②継続コースへ申込したくない。継続コースを圧倒的に安い値段設定にしていることから、継続コースを受注させたいのが見え見えです。途中解約は出来ないようなので、効果の程がわからない商品に高額な金額を払うことをためらってしまいます。

③即効性がない。フレナーラは継続使用で効果を実感できる商品のため、効果がすぐに感じにくい商品特徴のようです。

まだ上記商品を使用していませんが、実際に使用しましたら改めて、商品レビューを書き込みたいと思います。

フレナーラの購入はこちら

プロバンサイン(内服薬)の使用

プロバンサインとは、自律神経の交感神経の作用を弱める薬で、「汗をかけ」と指令を出している交感神経の情報伝達をカットする効果をもたらす内服薬です。
この薬は日本で唯一多汗症の薬として認可が下りており、保険診療内で購入が可能なため、自己負担3割で購入が可能な内服薬です。
病院によっては処方されにくいこともあるようなので、汗の疾患を診てくれる病院にかかると良いでしょう。

残念ながら、効果の程はかなりの個人差があり、特に手の平の多汗症の場合は、あまり効果が感じられないという場合も多いようです。しかし効果が高い場合は、服用後1時間~5時間程度、汗が抑えられため、まだ試したことがない場合は一度服用してみることをオススメします。

プロバンサイン服用の注意点としては、足裏だけでなく、全身の発汗が止まる薬のため、夏場などは体温調節のための発汗も止まってしまい、熱中症に陥るリスクが高まります。
また、その他にも口の渇きや眠気、便秘などの副作用がでる可能性もありますので、服用の際は医師から十分に説明を受けた上で、服用するようにしましょう。

症状が酷い場合は、専門病院への受診を

まだ一度も多汗症の治療を行っている専門病院(皮膚科)を受診されていない場合は、一度受診してみることをオススメいたします。

塩化アルミニウム液やプロバンサイン(内服薬)での治療以外にも、多汗症の効果的な治療方法は他にもいくつかあります。
水道水に患部を浸し、弱い電流を流すことで、汗腺の穴を小さくすぼめることにより、発汗量を抑える効果がある「イオントフォレーシス療法」という治療方法や、交感神経から伝達される信号をブロックし過剰な発汗を抑える「ボツリヌス毒素療法(ボトックス注射)」、また多汗症の症状の重さやストレスの大きさによっては、多汗症治療の最後の手段とも言われている「ETS手術」など、あなたに適した治療方法を提案してくれるはずです。

病院で受けることが出来る、各治療方法については、こちらの記事で詳細をまとめています。参考にして頂ければ幸いです。

異常なほどの手汗、足汗、ワキ汗などに悩む局所性多汗症患者数は、日本の人口の約5%(約670万人)にも上るといわれていることをご存知でしたでしょう...

酷い手汗のせいで、ネガティブになったり、心無い言葉で傷ついてしまうことも多くあると思います。ですが、手汗で悩み苦しんでいるのは、決してあなただけではありません。
病院にかかったり、効果の高いと言われる治療法を試してみても、すぐに症状が改善することは難しいですが、今のつらい状況から抜け出せる第一歩に必ず繋がると思います。

病気に対して、一人で悩まない。
少しでもこの記事が、あなたの手汗の症状緩和に繋がれば幸いです。

LINE@の友達登録をお願いしますm(_ _)m

LINE@で汗に関するお悩みや、情報提供を受け付けています!
友だち追加

関連記事

局所性多汗症における5つの治療方法まとめ

手汗のETS手術で後悔しないために!副作用のリスクと他の治療方法

多汗症治療のための効果的な塩化アルミニウム液 使用方法

子供の手汗・足汗の原因は?子が辛い思いをしないために親が知るべき事

手汗・足汗に塩化アルミニウム液が効かないのはなぜ?その原因を解説

多汗症は皮膚科ではなく専門病院をおすすめする理由